カギの救急車旭川4条通4丁目店 開業20周年キャンペーン カギの救急車旭川4条通4丁目店 開業20周年キャンペーン

作業事例について 旭川でカギ(かぎ/鍵/錠)・防犯対策なら「カギの救急車旭川4条通4丁目店」へ!あらゆる鍵のトラブル・合鍵・合鍵作成(鍵の紛失・鍵交換・曲がり鍵・折れ鍵)金庫などの鍵開け等24時間年中無休で駆けつけます!

年中無休/24時間受付・出張OK!

0120-01-9948

お客様専用フリーダイヤル

カギの救急車|トップ

MENU

0120-01-9948お客様専用フリーダイヤル

作業事例Case

【旭川 鍵開け】2歳の子供が玄関の鍵をかけてしまった!!!

当店も長年鍵の仕事をしているといろいろな出来事に遭遇しているのですが、今日はこんなお話。

小さいお子さんがいるご家庭は特によく読んでください。

たまーにあるのですが、お母さんが朝、ゴミ捨てに行っている間、あるいは、洗濯物を干している間のわずかな時間にですね、よちよち歩きのお子さんが 玄関や勝手口の室内側の鍵(つまみ)を掛けちゃうんです。

2歳の子供でも、サムターン(室内側のつまみのこと)を回すことができるんです。お母さんが毎日操作しているの を見て、やり方を知ってるんですね。ところが、元に戻すこと(開けること)が出来ないんです、何故か。しかも、締め出されてパニック状態のお母さんが「開けなさ -い!」て2歳の言葉がわからない子供にけしかけるもんだから今度は子供がパニック!!もう、泣き叫ぶ子供に開けることを期待しても・・・無理です。

お母さん、どんなときでも鍵は必ず自分で掛けて外に出ましょう!

鍵さえ持っていれば防げる事故です。子供は思ったよりも成長していて、意外なことを平気でします。
しかも、ゴミ捨ての間にドロボーは入ってきますから、ちょっとした外出でも自分で鍵をかけるようにしましょう!

なお、余談ですが、当の締め出した子供は・・・泣き叫んでいる子供と、ニコニコしている子供と、2パターンに大別されます。人、それぞれです。

緊急の玄関鍵開け(開錠・解錠)のことなら、カギの救急車旭川4条通4丁目店まですぐにお電話ください。24時間いつでもかけつけます。

一覧へ戻る